本文へ移動

ペインクリニック外来担当医から

担当医あいさつ

 2018年7月から月1回、「超音波ペインクリニック外来」を行っています。現在、他院で治療してもなかなか良くならない慢性の痛みに悩む患者さんが多く受診されています。一人一人しっかりと診療させていただきますので、お時間にゆとりを持っての受診を宜しくお願い致します。
 また現在、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、再診の方に限ってですが、電話診察で鎮痛薬の調整、処方を行っております。ご希望の方は受付までご相談ください。
 
 当外来では主に、超音波装置を用いて痛みの発生部位を探り、局所麻酔薬や消炎鎮痛薬を発生部位に直接注射する治療を行っています。またレントゲンやCT、MRIでは診断できない、筋・筋膜性の痛みにトリガーポイント注射や筋膜リリース注射(ハイドロリリース注射)を積極的に行っています。
 注射治療によって痛みが和らぐと、筋肉の緊張がほぐれて血行が良くなります。しかし、これまでと同じ生活スタイルでは、その効果は長続きしません。普段の姿勢や生活習慣を改善して、体力、免疫力が向上することで、なかなか治らなかった痛みが治癒に向かいます。
 痛みで眠れない、腕があがらない、歩けないなど、つらい痛みにお悩みの方はどうぞ「超音波ペインクリニック外来」にご相談ください。
 
令和2年8月
金出政人(かないで まさと)
麻酔科専門医・医学博士
※他院で撮影した画像検査や、血液・尿検査などがありましたら持参して下さい。必要に応じて当院でも再検査を行うことがあります。
※注射治療希望の際は、注射しやすい服装での受診にご協力をお願い致します。
※外傷、労災、自動車事故(損害保険での診療)の診療は行っていませんので、ご注意ください。
※火曜日と水曜日と木曜日9時~13時は違う先生が診療されます。
また当院は予約制ですので、ご予約の際は必ずお電話いただきますようお願いいたします。

経歴

1999年
長崎大学医学部卒業・長崎大学麻酔科入局
2001年
麻酔科標榜医
2005年
麻酔科専門医
2007年
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科修了(医学博士)
2011年
菅整形外科病院麻酔科・ペインクリニック部長
2017年
同病院副院長

所属学会

日本麻酔科学会、日本ペインクリニック学会、日本老年麻酔学会、日本運動器疼痛学会

その他資格

痙縮治療(バクロフェン髄注療法、ボツリヌス療法)

学術講演

・第30回長崎脊椎研究会講師「脊椎疾患におけるエコー下ブロックの実際」2018
・痛み・痺れに対する薬物治療を考える会(諫早)講師「非特異的腰痛で終わらせない!」2017
・第3回運動器エコー研修会(長崎)講師「私の頚部ブロック治療」2016
・全日病SQUE看護師特定行為研修(Eラーニング)講師「痛みの診療」2016
・諫早医師会・健康市民講座『のんのこ健康大学』講師「五十肩」2016
・佐世保整形外科医学学術講演会・第3回運動器の痛みを考える会講師「変形を進行させない痛みの治療は可能か?」」2014、他

論文・著書

・パルス高周波法が著効した上殿皮神経障害の1症例:日本ペインクリニック学会誌2016
・手術患者の回復力強化(Enhanced Recovery After Surgery :ERAS)プロトコルと超音波ガイド下末梢神経ブロック:国立病院機構長崎医療センター医学雑誌2011
・レミフェンタニル・持続フェニレフリン併用麻酔が高齢患者の導入時の循環変動に及ぼす影響(後ろ向き検討):臨床麻酔2011
・ITB(髄腔内バクロフェン)療法 日本における新しい重度痙縮の治療:日本薬理学雑誌2008
他、
医療法人同仁会 小林病院
〒850-0037
長崎県長崎市金屋町2−9
TEL.095-824-3545
FAX.095-824-3546
TOPへ戻る