本文へ移動

ペインクリニック外来担当医から

担当医あいさつ

ペインクリニックの『ペイン』とは、英語で『痛み』という意味で、クリニックは診療する場所を意味します。日本でのペインクリニック医療は、主に麻酔科出身の医師が担っていて、手術の痛みを抑える神経ブロックや薬物治療の技術を用いて、いろいろな病気によって起こる痛みやしびれ、がんの痛みなどを診断、治療しています。

神経ブロック;神経や神経の周辺に局所麻酔薬を注射して、痛みを感じなくする方法

 

もともと痛みは、身体に生じた異常事態を知らせる警告反応として大切な役割を持っています。そして多くの痛みは原因となる病態の改善とともに軽減し、消失します。しかし、この警告の役割を終えた痛みがいろいろな理由で長く存在すると、より強い痛みや新しい種類の痛みが加わって、さらには不眠や不安、抑うつなどの精神症状も生じて、今まで普通にできていた日常生活や社会活動が困難になってきます。

 

私の外来には、薬が効かない、手術を避けたい、手術後に痛みがあるなど、なかなか治らない腰痛や肩こり、関節痛、神経痛などに悩む患者さんが多く受診されます。私の治療の特徴として、超音波、X線、CT、MRIなどで痛みの発生部位を探して、その発生部位に超音波(エコー)下または透視下にピンポイントに注射する治療を積極的に行っています。超音波下または透視下に行う注射治療はとても安全・正確で、即効性があります。

 

発症から間もない急性痛に対しては、ステロイドを併用した神経ブロック注射や関節ブロック注射を行って、痛みと炎症を強力に抑えます。また患部の安静を保つために必要な装具療法や、鎮痛・抗炎症剤治療も行って早期回復を目指しています。

 

3ヶ月以上持続する慢性痛に対しては、①筋肉や筋膜の痛みにトリガーポイント注射やハイドロリリース注射(例:重度肩こり、腰痛など)、②神経ブロックの効果が持続しない重度の神経痛や関節痛に高周波熱凝固療法、パルス高周波療法(例:頚椎症性神経根症、椎間板ヘルニア、帯状疱疹後神経痛、仙腸関節症など)、③重度の五十肩(凍結肩)に非観血的関節授動術、④脊柱管内の神経周囲の癒着が原因の痛みに硬膜外腔癒着剥離術(例:腰椎術後疼痛症候群、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症など)、また痛みではないですが、⑤脳や脊髄の病気やけがの後遺症で生じる手足のつっぱり(痙縮)にボツリヌス療法やバクロフェン髄注療法(例:脳卒中後後遺症、脊髄損傷、脳性麻痺、HTLV-1関連脊髄症など)を行っています。またリハビリや、膝や肩関節のヒアルロン酸注射、骨粗鬆症治療なども行って、筋肉、関節、骨を丈夫にする治療も積極的に行っています。

令和3年10月

医療法人社団 尚整会 菅整形外科病院 ペインクリニック・整形外科 副院長

医療法人 同仁会 小林病院 超音波ペインクリニック外来 非常勤

金出 政人 (かないで まさと)

麻酔科専門医・医学博士

 
※他院で撮影した画像検査や、血液・尿検査などがありましたら持参して下さい。必要に応じて当院でも再検査を行うことがあります。
※注射治療希望の際は、注射しやすい服装での受診にご協力をお願い致します。
※外傷、労災、自動車事故(損害保険での診療)の診療は行っていませんので、ご注意ください。
※火曜日と水曜日と木曜日9時~13時は違う先生が診療されます。
また当院は予約制ですので、ご予約の際は必ずお電話いただきますようお願いいたします。

経歴

1999年
長崎大学医学部卒業・長崎大学麻酔科入局
2001年
麻酔科標榜医
2005年
麻酔科専門医
2007年
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科修了(医学博士)
2011年
菅整形外科病院麻酔科・ペインクリニック部長
2017年
同病院副院長

所属学会

日本麻酔科学会、日本ペインクリニック学会、日本老年麻酔学会、日本運動器疼痛学会

その他資格

痙縮治療(バクロフェン髄注療法、ボツリヌス療法)

学術講演

・第30回長崎脊椎研究会講師「脊椎疾患におけるエコー下ブロックの実際」2018
・痛み・痺れに対する薬物治療を考える会(諫早)講師「非特異的腰痛で終わらせない!」2017
・第3回運動器エコー研修会(長崎)講師「私の頚部ブロック治療」2016
・全日病SQUE看護師特定行為研修(Eラーニング)講師「痛みの診療」2016
・諫早医師会・健康市民講座『のんのこ健康大学』講師「五十肩」2016
・佐世保整形外科医学学術講演会・第3回運動器の痛みを考える会講師「変形を進行させない痛みの治療は可能か?」」2014、他

論文・著書

・パルス高周波法が著効した上殿皮神経障害の1症例:日本ペインクリニック学会誌2016
・手術患者の回復力強化(Enhanced Recovery After Surgery :ERAS)プロトコルと超音波ガイド下末梢神経ブロック:国立病院機構長崎医療センター医学雑誌2011
・レミフェンタニル・持続フェニレフリン併用麻酔が高齢患者の導入時の循環変動に及ぼす影響(後ろ向き検討):臨床麻酔2011
・ITB(髄腔内バクロフェン)療法 日本における新しい重度痙縮の治療:日本薬理学雑誌2008
他、
医療法人同仁会 小林病院
〒850-0037
長崎県長崎市金屋町2−9
TEL.095-824-3545
FAX.095-824-3546
TOPへ戻る